新潟の税務会計は新潟の税理士、会計事務所にご相談ください!
高品質で低価格、腰の低い柔軟な税理士が対応!確定申告や会社設立、資金調達(融資、補助金、助成金等)もお任せください!

新潟市の税理士・新潟での会計・税務調査・決算は会計事務所へ。

三条本店 : 新潟県三条市塚野目4-15-28 税理士 吉田敏由紀 (旧)吉田税務会計事務所
新潟オフィス : 新潟県新潟市中央区女池4-18-18マクスウェル女池3F 税理士 吉田雅一

営業時間

平日9:00〜18:00
※夜間対応可 (要予約)

アクセス

◎東三条駅から車で5分
◎女池ICから車で4分

新潟県内の方は初回面談無料です

0120-963-270

メールでのご相談はこちら
24時間受付中! 

法人決算の手順

決算申告の流れを掴み、余裕を持って申告しましょう

法人決算の手順

法人は1年に一度、決算を行わなければなりません。個人の確定申告であれば自分で調べるなどして書類を作成し、分からないことがあれば税務署に聞きながら、確定申告することも不可能ではないですが、法人の決算申告となるとそうはいきません。

今回は、法人税の決算申告について最低限知っておきたい基本的な手順と、準備する資料についてまとめました。

これから法人決算の準備を行う方や、法人設立を考えている方の参考になれば幸いです。

「法人決算」とは

法人決算とは、法人が行う法人税等の確定申告です。
定款によって定められた1会計期間の収入や経費等をまとめて、国や地方自治体に申告する手続きを言います。「個人の確定申告の法人バージョン」と考えると個人事業主の方には伝わりやすいでしょうか。

法人決算の目的は、適切に納税するためであり、また、株主への報告も目的としています。
1会計期間の業績をまとめ、作成した申告書等を基に、税金の申告・納付を適切に行います。

法人決算には期限があり、各法人の事業年度終了日の翌日から2か月以内に税務署等に申告・納付を行わなければなりません。
例えば、3月31日が決算日の場合、期限は5月31日となります。

確定申告と納付をどちらも期限内に行う必要があります。どちらか一方でも遅れてしまうと、法人にとって不利益を被るため、注意が必要です。

決算書をしっかり作成することによって、会社の経営成績をいつでも提示できるようになります。また、経営の分析や改善に用いて経営方針を定める際の資料にもなるため、面倒でもきっちりと行いましょう。

確定申告の基礎知識についてはこちら

 

まずは法人決算の大まかな流れを把握しましょう

まずは必要な作業を明確にしましょう

法人決算の大まかな流れは次のようになります。

 

1.資料の準備・整理

2.データ入力

3.決算書類作成

4.各種税金の申告・納税

5.決算書類の保存

 

では、それぞれ詳しくご説明いたします。

 

1.資料の準備・整理

決算申告の下準備として、領収書・レシート・請求書等の資料の準備・整理や、通帳記帳などを行います。この作業が、正確な決算のための大事な下地となります。足りないものはないかしっかり確認しましょう。

※普段から、これらの資料は捨てずに保管をしてください。
 捨ててしまうと、どうすることもできない場合があります。

 

2.データ入力

整理した資料を基に、会計ソフト等にデータを入力します。
データを入力する際は、法人税法を中心としたルールに従い、複式簿記の形で入力します。

大きな取引がある場合、固定資産を取得した場合、判断が分かれる処理がある場合は、税理士等の専門家に相談すると安心です。

細かいミスが起こりやすい工程のため、慎重に入力をしてください。

 

3.決算書類作成

会計ソフトに入力されたデータを基に、必要な各種決算書類を作成します。

会社法において、法人決算で作成すべき書類は主に以下の通りです(総称して決算書と呼びます)。
一般的な中小企業の場合、「決算書」として以下の4つを用意することが多いです。

・貸借対照表・損益計算書・株主資本等変動計算書・個別注記表

他にも、各申告書や以下の書類等が必要となります。

・総勘定元帳
・仕訳日記帳

・法人税等申告書(国・県・市)
・消費税申告書
・法人事情概況説明書
・勘定科目内訳書
・領収書綴り ※保管のみ

法人決算業務を税理士に委託する場合は以下の書類を用意します。

・税務代理権限証書

 

4.各種税金の申告・納税

法人の決算申告書類が整いましたら、申告し各種税金を納税しましょう。

法人が納めるべき税金は、主に6つあります。
「法人税」「地方法人税」「消費税」「法人事業税」「都道府県民税」「市町村民税」

これらは種類によって提出先が異なり、次のようになります。

「法人税」「消費税」 ⇒ 所轄の税務署

「法人事業税」「都道府県民税」 ⇒ 各都道府県税事務所

「市町村民税」 ⇒ 各市町村

 

申告方法は 郵送・持参・e-Tax(事前の手続きが必要です)などがあります。

 

また、それぞれ申告期限、納税期限は2か月後ですが、法人税・法人事業税は一定の場合に申告期限の延長申請を行うことができます。

※消費税に関しては、どのような場合でも申告期限の延長はできません。

 

その他に、法人税において中小企業優遇税制(軽減税率や交際費等の損金算入など)や、消費税において免税事業者制度簡易課税制度等、税制面での優遇措置が多数設けられています。使えるものを使わないのは非常にもったいないため、もれなく活用しましょう。

 

法人の確定申告は個人に比べて対象となる税目も多く、手続きが煩雑であるのが特徴となります。申告はもちろんですが、納税までを期限内に確実に行えるように、スケジュールを組み余裕を持って行いましょう。

一人で行うことが大変だったり、不明点がある場合は、税理士等の専門家にご相談ください。

 

5.決算書類の保存

申告・納税が無事に終わったら、決算に用いた各書類は一定期間保存しておく必要があります。保存期間は「会社法」「法人税法」の2つの法律でそれぞれ定められています。

ちなみに、決算書は10年間の保存が義務付けられています。同じ書類でも10年、7年といったようにどちらの法律でも保存期間が定められているものがあり、基本的に保存期間が長いものに合わせて保存することになります。

帳簿書類の保存方法は紙による保存が原則となります。そのため、作成した書類は提出前にしっかりとコピーをとって書類保存しておきましょう。

 

期限に間に合わないとペナルティが課される!

正当な理由なく申告期限に間に合わない場合には、ペナルティが課されます。

●青色申告の取り消し…

青色申告の申請をしていても、その年の分は青色申告が適用されません。また、2会計期間連続で期限後申告となった場合には青色申告の承認取り消しとなることもあるため、注意が必要です。

●附帯税の支払い…

『附帯税』とは、日本の国税のうち「延滞税、利子税、過少申告加算税、不納付加算税、無申告加算税、重加算税」のことを言います。期限後申告となった場合や過少申告となった場合など、その理由や日数に応じて附帯税が課されることがあります。

納税は国民の義務であり、何かしらの不正や申告漏れは税務調査で必ず分かります。余計な税金を支払わないことも節税となるため、計画的に、かつ正確に決算を行いましょう。

もし何らかの理由で期限に間に合わない可能性が出た場合には、早急にお近くの税理士にご相談することをおすすめいたします。

 

いつから準備を始めればいい?

経営者にとって、法人決算は避けては通れない一大イベントです。

スムーズに申告・納税を行うためには、計画的な事前準備が必要不可欠となります。

そのため、日々の会計処理から、申告を見据え、発生主義の複式簿記にて記帳を行うようにしましょう。また、取引の証明となる領収書・請求書の保管も確実に行いましょう。

できれば、月次決算(毎月集計すること)を行い、正確な集計を積み重ねることで決算期の負担を軽くできるのが理想的です。

税理士等の専門家の力も上手に借りながら、なるべく手間と負担を削減して法人決算を乗り切りましょう。そして、納税して終わり。ではなく、決算の内容を分析し、今後の経営へ活かしていきましょう。

 

もう迷わない!頼れる税理士に「丸投げ」する!

ここまで法人決算についてお伝えしてきましたが、もう一つの方法として「税理士に丸投げする」という方法があります。

税理士に丸投げするメリットは以下の通りです。
 

① 税務調査を意識した、正確な申告書ができる!

ご自身で作成した書類に自信はあるでしょうか。確定申告書を受け付けてもらえたからOKではありません。税務調査が入って初めて正しいかどうか分かります。
減価償却や経費に関して等、心配な部分はありませんか?

 本業に専念できる!

納税者様にして頂くことは、『書類の保管』『納税』だけです!
決算申告に費やす時間を本業に充て、利益を出して頂けたらと思います。

 税金を最小限に抑え、お金を残せる!

当会計事務所に丸投げすれば、手間のかかる青色申告65万円控除を受けることができます。白色申告等に比べ、税金が安くなります。

また、税理士が経費の漏れや無駄な出費が無いかチェックするため、お金が残る体質となります。

 

当会計事務所では、新潟の皆様からの丸投げのご相談を、随時受け付けております!

 

丸投げとはつまり何をしてくれるのか?

 

この手順でお伝えした1~4(申告まで)を当事務所が代わりに行います。正しくは、お客様に必要な書類(売上金額の証拠書類、経費等のレシート、金融機関発行の残高証明等)をお送りいただき、それを基に帳簿や決算書等を作成。作成した帳簿を基に申告書等を作成し、税務署に提出(申告)いたします。

また、決算申告は青色申告65万円控除に完全対応となります。

つまり、お客様にしていただく作業は以下の通りです。

・必要書類を準備する(リストをお渡しいたします)
・納税する

面倒な作業をすることなく青色申告ができ、税務署で並ぶこともありません。また、分からないことはいつでも税理士に相談できるため、法人決算で余計な気を揉むことなく、本業に専念していただけます!

決算申告の代行なら、新潟市の会計事務所・L&Bヨシダ税理士法人までお気軽にご相談ください。
初回のご相談は完全無料です!(新潟の方限定のサービスとなります)

 

新潟の税理士への無料相談はこちら

税理士へのご相談はこちら。

お気軽にご相談ください!
お約束1:感じの良い対応  
お約束2:勧誘はいたしません

無料相談はこちら 

0120-963-270

営業時間:平日9:00〜18:00 

三条本店
955-0055 新潟県三条市塚野目4-15-28
℡:0256-32-5002

◆新潟市オフィス
950-0941 新潟県新潟市中央区女池4-18-18-3F
℡:025-383-8868

ホームへ戻る

新潟の税理士に無料で相談!

  ◆税理士へのご相談は無料です◆
    (新潟限定サービス)

新潟の税理士にお問合せ下さい。燕三条地域のみならず、新潟市、長岡市、上越市、その他新潟県内全域対応いたします。

お約束1:感じの良い対応を致します
お約束2:勧誘は致しません

0120-963-270

営業時間:平日9:00〜18:00

三条本店
 新潟県三条市塚野目4-15-28
 ℡ 0256-32-5002
新潟市オフィス
 新潟市中央区女池4-18-18-3F
 ℡ 025-383-8868

◎新潟市、長岡市、その他新潟県内対応!お気軽に当会計事務所にご相談ください!

メール相談はこちら

Twitter始めました!

Twittterロゴ

1,000名を超える経営者様から受けた経営相談と、社員35名の法人を経営して学んだことを呟きます!

社内の雰囲気や採用情報などを呟きます!

主な対応地域

全国対応可能な税理士事務所です。

新潟県新潟市中央区、新潟市北区、新潟市東区、新潟市江南区、新潟市秋葉区、新潟市南区、新潟市西区、新潟市西蒲区、長岡市、三条市、柏崎市、小千谷市、加茂市、十日町市、見附市、魚沼市、南魚沼市、田上町、出雲崎町、湯沢町、津南町、刈羽村、新発田市、村上市、燕市、五泉市、聖篭町、弥彦村、上越市、阿賀町、阿賀野市、長岡市寺泊、長岡市三島、長岡市中之島、長岡市栃尾、長岡市与板、長岡市川口、長岡市和島、長岡市小国、長岡市越路、長岡市山古志、燕三条地域
その他新潟県内
ぜひお問い合わせください!

スタッフブログを始めました

会計事務所のブログです。

対応会計ソフト

クラウド会計ソフト対応しています!!

当会計事務所では次の会計ソフトに対応しております。
・JDL
・ミロク情報サービス
・freee
・弥生会計
・弥生会計オンライン
・MFクラウド会計
 (マネーフォワード)
・会計王(ソリマチ会計)
・ビズアップ
※freeeの認定アドバイザーです

※上記以外にも対応ソフトがございますので、お気軽にご相談ください。 

詳細はこちら

経営ソリューションナビ

医療・福祉経営ソリューションナビ

燕三条ASP
会計推進センター

姉妹サイト

相続遺言相談は税理士にお任せ。

会社設立支援も税理士にお任せ

法人税・決算申告支援も税理士にお任せ

認定アドバイザーの会計事務所です。